PPCアフィリエイトで起業するためのサイト

最短で資金を爆発的に増やし、集客を学び、果てはリスティング代行にコンサルティング。そう、PPCアフィリエイトはネットビジネスの登竜門。

PPCアフィリエイトで情報商材が売れない?実例公開中!

   

24137942

PPCアフィリエイトで
情報商材が売れないと困っている方にむけた記事を書きます。

 

まず、情報商材が売れないというのにも
いろいろと理由はあると思います。

 

1、ヤフープロモーションで出してもすぐに
アカウント停止になってしまう。

 

2、アクセスを集めても成約しない。

 

1番についてはヤフーにばれにくくする方法や
アカウント停止のダメージを抑える方法がありますが
この記事では触れません。

 

今回の記事では
2番の、アクセスを集めても情報商材が売れない
と悩む方のために書きます。

 

アクセスを集めても情報商材が売れない原因は
何種類かありますが今回はセールスレターと
購入率について書きます。

 

情報商材が売れないのは・・・

 

その情報商材が売れるか売れないか、
これは何で決まるかというと
商材の中身の良し悪しではありません。

 

ビジネス系の商材だといろんなサイトで
中身のことについて書かれているので

 

多少セールスレターが悪くても
中身がよければ評判で売れていきます。

 

というのも
ビジネス系の情報商材を購入する人は
もとから情報商材のなんたるかを知っているからです。

 

ですので情報商材独特の
あおりや過剰な表現に惑わされることなく
中身のレビューで購入される傾向にあります。

 

ですがビジネス系以外の情報商材の売れ行きを
左右するのはセールスレターの出来です。

 

僕は、健康や体の悩みを改善する
情報商材を主に扱っていますが

 

それら商材を選んで売るときには
購入率を確認します。

 

僕の場合は1%を超える購入率のものは
あまり扱わないようにしています。

 

情報商材で優秀なセールスレターとは
一般に200クリックで1回成約するようなレターと言われています。

 

つまり成約率は0.5%
これは200人に1人が購入する計算です。
もちろん情報商材という言葉さえ知らない人たちがターゲットです。

 

ではなぜ1%以上の情報相商材は扱わないのか。
それはPPCアフィリエイトでは売れないからです。

 

購入率1%以上というと100人に
一人が購入するという脅威の確率なわけですが
これにはもちろん理由があります。

 

1つはメルマガアフィリです。

 

ステップメールでターゲットを
教育したあとに商材を売る方法です。

 

この場合、ターゲットとなる人はメールを読む過程で、
商材を購入すればどんな願望が叶えられ
どんな悩みを解決できるのかを刷り込まれています。

 

そして購買欲求がピークに達したその時に
商材を紹介するわけなので購入率がぐんと上がるのです。

 

つまり購入率は高くても
売り方が違っているわけです。

 

PPCアフィリエイトでは
この教育という過程を経て売ることが
出来ませんのでなかなか成約しません。

 

中身の濃いサイトを作って
それをリスティングにかけ

 

オプトインページまで作る
というならそういった情報商材も
PPCアフィリできます。

 

2つ目の理由は情報商材の
販売者が購入率を操作するからです。

 

アフィリエイターの中にも
購入率を重視してアフィリエイトする
情報商材を選ぶ人がいます。

 

もちろんそんな人たちは
購入率順で商材を並べ替えたりして
選ぶわけですが

 

そんなアフィリエイターに
購入率の高さをアピールできる
方法があります。

 

それは、
情報商材を販売者自らが購入することです。

 

売り出した直後の
情報商材は実績が無いので
誰にもアフィリエイトしてもらえません。

 

そこで販売者自らが購入すると
購入率が跳ね上がるわけです。

 

アクセスも無いセールスレターでは
1度購入されるだけでも購入率が
100%になります。

 

それからだんだんと
怪しくない程度まで購入率を下げていくのです。

 

ですからあまりにも高い購入率の情報商材は
スルーしましょう。

 

情報商材が売れないと悩んだら
そもそも商材選定の時点でつまずいている
可能性があるので気をつけましょう。

 - 未分類