PPCアフィリエイトで起業するためのサイト

最短で資金を爆発的に増やし、集客を学び、果てはリスティング代行にコンサルティング。そう、PPCアフィリエイトはネットビジネスの登竜門。

関連キーワードで物販案件を売る方法!実例公開中!

      2015/12/20

pppc54

この記事では実際に僕がどうやって
関連キーワードを使って商品を売ったのかを書きます。

商品名もキーワードも公開しますので
かなり参考になるかと思います。

 
今回関連キーワードを扱うにあたって採用した
ランディングページは比較サイトでもランキングサイトでもなく
ペラサイトに文章を2~3行入れたものです。

 

ランディングページ自体は
ペラサイトに毛が生えたようなものですが
前回記事で書いた「検索ユーザーのニーズに限りなく近づける」ことを意識しました。

 
では早速、扱った案件は、、、

「ヴィースティックウェルファンデーション」
僕が始めて関連キーワードで売ることに成功した
思い出の案件でもありますので今回はこれを。

A8かjanetの案件です。
今もあるかは分かりません。

 

僕がこの商品を関連キーワードで
PPCアフィリしようと思った理由はたった1つ
既に商品名キーワードで売れていて実績があったから、です。

 

いろんな記事で口を酸っぱくして言っていますが
売れるか売れないか分からない案件を

 

関連キーワードで売ろうとするのは
時間の無駄以外のなにものでもありません。

 

ニーズと訴求ポイントを一致させる

 

アフィリエイターはまず、扱う案件が持っている一番の
強みをセールスレターから探してきてあげる必要があります。

 

その強みをそのままキーワードとして設定するのです。
他の商品にはない特徴でも構いません。

 
そうすることで検索ユーザーのニーズと
セールスレターの訴求ポイントのズレを埋めます。

 
もちろん広告文は必ず
キーワードを含めたものをそれぞれ用意してください。

 

広告グループと広告文はキーワードにあわせて
作ったので30個ぐらいつくりました。

 
そしてペラサイトには
「この商品はあなたの〇〇〇という悩みを解決するためにぴったりです。」
と、ピンポイントで訴えかける文章を書きます。

この時点で検索ユーザーの期待感と
購買意欲はぐんと高まります。

あとはアフィリリンクを踏ませて
セールスレターとバトンタッチすればいいだけです。

ちなみに、売れ筋商品には
売れるだけの理由がもちろんあります。

通信販売の場合はセールスレターが
よく出来ているということが一番の理由です。

そのセールスレターに検索ワードから一本の線で
検索ユーザーを繋いであげれば高い確率で成約するというわけです。

これが売れ筋以外の商品を扱ってはいけないという理由です。
ペラサイトでせっかく期待と購買意欲を高めても
セールスレターの出来が良くなければCVしません。

 

話が逸れてしまいましたが
「ヴィースティックウェルファンデーション」で
実際に設定したキーワードについて解説します。

 
公式サイトを読めばこのファンデーションが
「汗に強くて長時間崩れにくい」ということに
訴求ポイントを置いていることが分かりました。

 

(潤いやハリ、UVカットなどの部分を
押しても他のファンデーションと大差ないので難しいと判断しました。)

 

ではこのファンデーションが本当に
「汗に強くて長時間崩れにくい」ということで
評価されているのかを調べてみたいと思います。
(ニーズと訴求ポイントがずれていないかを確認するためにも。)

 

僕はいつも知恵袋や@cosmeにお世話になっています。

 

vi02vi01

 

しっかり評価されていることが確認できました。

そしてこのファンデーションは
運動で汗を流す女性に支持されているようでした。

そこで僕が設定したキーワードは以下の通り。

運動 +ファンデーション
運動 +化粧崩れ
運動 +毛穴落ち
ランニング +ファンデーション
ランニング +化粧崩れ
ランニング +毛穴落ち
ジム +ファンデーション
ジム +毛穴落ち
ジム +化粧崩れ
化粧崩れ +ファンデーション
毛穴落ち +ファンデーション
汗 +ファンデーション
汗 +毛穴落ち
汗 +化粧崩れ

 

このほかにもスポーツ名で組み合わせたりもしました。
全部で1000キーワードぐらいだったと思います。
主にインプレッションが出ていたのは上のようなキーワードでした。

残念ながらどのキーワードでコンバージョンしたかまで
はっきりと計測していませんが上のどれかで間違いないです。

 

 

vi04

 

実際に使用したペラサイトがこれです。

 

どうでしょうか。
あまりにも簡単な作りで拍子抜けしたと思いますが
キーワードでターゲットを絞り込んでいるので問題ありません。

セールスレターのレビュー部分にはしっかりと
「ジムで2時間汗をかいても・・・」との記述もありますので
ターゲットとした検索ユーザーのニーズをしっかり抑えています。

 
だいたいキーワード全体で100クリック前後されて
一件成約するペースでしたのでたいした案件だったと思います。

利益率はそんなに高くありません。
20~30%ぐらいでした。

アフィリエイトという視点だと
あまり美味しくはないですが

薄利でも回せば回すほど
利益が積み重なっていくような例です。

 
商標名キーワードで集客しているわけではありません。

ですからこのような成功事例を
いくつも持つことでPPCアフィリエイトでは
売り上げ天井知らずに稼ぐことが出来るはずです。

 - 未分類