PPCアフィリエイトで起業するためのサイト

最短で資金を爆発的に増やし、集客を学び、果てはリスティング代行にコンサルティング。そう、PPCアフィリエイトはネットビジネスの登竜門。

PPCアフィリエイトで最適なランディングページとは?

      2015/12/20

pppc39

ペラサイトばかりやってないで
そろそろ関連キーワードを使いたい。

 

となってくると
どうしてもペラサイトでは厳しいです。

 

(この記事でのペラサイトの定義を
商品名と商品画像とボタンのみの
文章の入っていないサイトとします。)
僕は経済学部なので
AISASの法則なんて言葉を使って
みたりしたいと思います。

 

Aアテンション(注意)
Iインタレスト(興味)
Sサーチ(検索)
Aアクション(購入)
Sシェア(共感、共有)

 
これは何かというと
人が商品を購入するまでの
一般的な行動の流れです。

 
ペラサイトアフィリでは
S(サーチ)からの行動をする人を
ターゲットとしています。

 
商品名キーワードな訳ですから
すでにその商品に興味関心を持って
いることになるからです。

 

では関連キーワードで
成約させたい場合はどうでしょう。

 

これはもうお分りの通り
アテンション(注意)のAから
成約させないといけません。

 

自ら作るランディングページ内で
AIS(AS)の流れを踏ませてもいいですが

 
これにはかなりの
ライディングスキルが必要な上に

 
売れる案件のほとんどが
コスメ案件だとすると女性が
ターゲットですので

 
サイトの外観もそれなりに
整えなければなりません。

 
女性は外観が汚いと
2秒くらいで離脱するそうです。

 
ではここで
あなたにライディングスキルも
サイト作りの腕もないと仮定します。

 
これでも関連キーワードは
諦めなくていいです。

 

相手のニーズに限りなく
ランディングページを近づける

 

ではどうするかというと
関連キーワードを限りなく
ニッチなものにするのです。

 
つまり
具体的且つ独特な悩み
を表すキーワードです。

 
そしてアフィリする案件は
他に代わりのきかない案件を選びます。

 

(他の商品ではその悩みを
解決できないということ。)

 
どんなところが他と
替えが効かないのかは

 

その案件の公式サイトを
よく読み込んで無理やり探します。

 
(分かりやすく言えば他と
替えの効かないキーワード)

 

無理やりです。

 

この世に唯一無二の商品なんて
存在しません。

 
必ず他で替えが効いてしまいます。

 
矛盾しているようですが、
だからこそ他と替が効かない

 

その商品でしか叶えられない
ピンポイントで具体的且つ独特な
キーワードを公式サイトから探すのです。

 

何度も言いますが
無理やりでOKです。

 

そしてそれを
関連キーワードとします。

 

そして公式サイトから
その文章(キーワード)が入ってる部分を
同じように画像として切り取って
ベラサイトとします。

 
文章は2〜3行だけ
そのキーワードをアピールする
言葉をさらっと入れましょう。

 

そうすると
この表現が正しいか分かりませんが

 
AISASの最初の
Aアテンション(注意)だけをあなたが担い

 
残りのプロセスを
公式サイトのランディングページに
バトンタッチすることができます。

 
叶えたい願望、欲求を
自分の言葉、表現通りに
表してくれているランディングページに
たどり着いた時、そのキーワードは

 

通常の関連キーワード
では考えられないほどの
CVRを叩き出します。

 

次の記事では
具体的な例を一つ
作ってみたいと思います。

 

関連キーワードで物販案件を売る方法!実例公開中!←こちらの記事です。

 - 未分類