PPCアフィリエイトで起業するためのサイト

最短で資金を爆発的に増やし、集客を学び、果てはリスティング代行にコンサルティング。そう、PPCアフィリエイトはネットビジネスの登竜門。

キーワード単価が高い時の対処法!

   

pppc38

リスティング広告を
始めたばかりの時には

自分の売ろうとする
商品やサービスのキーワード単価
が高すぎていきなり面食らう
ことがあります。

そんなときには
直接そのサービスや商品を表す
キーワードに入札するのではなく

商品サービス(キーワード)の
切り口を変えてキーワード単価を下げましょう。

そしてそのキーワードに
合わせてランディングページも
変えていきます。


では具体的な例を一つ。


例えばあなたが売りたい商品が
レンタルサーバーだとします。


レンタルサーバーといえば
2006年頃には早くも成熟期を迎え
潤沢な資金がない限りは

レンタルサーバーと
掛け合わせたキーワードでの
真っ向勝負には参戦不可能といえます。


でもレンタルサーバーという
キーワードが使えないからといって
リスティングできないことはありません。


ではどうするかというと
自社にしかない強みをキーワードにします。


強みというほどのものでなくても
ライバルがしていないことだったらOKです。

ライバルと被るものばかりであっても
無理やり見つけてください。
大抵は見つかります。


そしてその強みを
そのままキーワードにします。

ではレンタルサーバーで
検索してみてください。

rentaru


テレビcmを流しているような
とても資金面で勝てそうにない
強豪ばかりが広告を出してます。


ここに突っ込んでいくのは
自殺行為といえます。


キーワード単価が高くて
ライバルも多いなら


だったら戦う土俵を変えましょう。
(土俵とはキーワードのこと)


必ずあなたの商品サービスが
勝てる土俵はあるはずです。

ではあなたの売りたい
レンタルサーバーの強みが

・無料独自ドメイン付き
・無料ネットショップ付き

だとしましょう。
(有りがちな設定です。)


無料独自ドメインが付いてて
無料で作れるネットショップが
あるとすれば


それはもはや法人向けではなく
個人向けのサービスです。


ですからもし
いままでのランディングページが
「法人にも個人にもぴったり!」

のようなどっちにもアピールする
ようなものだったならそれは


「初心者が簡単にネットショップを
始められるためのスターターパック」

のような感じで初心者のみをターゲットとした
ランディングページを作り直すべきです。


そして使うキーワードは

初心者 ネットショップ
初めて ネットショップ
レンタルサーバー ネットショップ
レンタルサーバー 初心者

のように完全に初心者を
ターゲットとしたものにします。


これが土俵を変えるということです。


ちなみに最初に
レンタルサーバーとの掛け合わせ
キーワードは参入不可能といいながら


レンタルサーバー ネットショップ
レンタルサーバー 初心者


の掛け合わせを用意したのは、
あなたのサービスが初心者の
ネットショップ作りに特化したからです。


というのももし広告文に
「初心者が簡単にネットショップ
を作るための専用レンタルサーバー」


なんて文章が入っていたら
普通は掲載順位が最下位であろうが
検索ユーザーはクリックしてくれるからです。

掲載順位がクリック率に
影響しない特別な例の一つといえます。

自分の求めている
サービスが広告文に
そのまま入っているわけですから
クリックされて当然なわけです。

さらにクリックすれば
ランディングページは
広告文の通りになっています。

つまりキーワードと広告文と
ランディングページを違和感なく
一本の線でつなぎました。


これだと完全にあなたの勝ちです。

キーワード単価が高くて
困っているときは

今回の例を頑張って
活かしてみてください!

 - 未分類