PPCアフィリエイトで起業するためのサイト

最短で資金を爆発的に増やし、集客を学び、果てはリスティング代行にコンサルティング。そう、PPCアフィリエイトはネットビジネスの登竜門。

アービトラージサイト禁止になったけどPPCアフィリエイトは大丈夫?

      2015/12/20

pppc51

アービトラージサイトという
言葉がここ2~3ヶ月で出回るようになりました。

 

これもヤフープロモーションによる
規約変更に伴ってのことだと思います。

 

アービトラージサイトの禁止というものが
1円PPCのことを指しているというのは
以前の記事で分かって頂けたと思います。

ついにPPCアフィリエイトでペラサイト禁止?っなわけない。←関連記事

ではアービトラージとは具体的には何なのか?
アービトラージと判断される具体的な基準とは?
について書きたいと思います。

 

まずアービトラージとは直訳すると「裁定取引」です。
株やFXで良く使われる言葉です。

 

wikipediaには以下のように書かれています。

 

裁定取引(さいていとりひき、アービトラージ, Arbitrage)とは、
金利差や価格差を利用して売買し利鞘(りざや)を稼ぐ取引のこと。
サヤ取り(鞘取り)ともいう。

 
PPCアフィリエイトに当てはめて、
分かりやすいように僕の言葉を使って書きかえてみます。

 

裁定取引を目的としたサイト(アービトラージサイト)とは検索ユーザーにとって無益なコンテンツ(アドセンス広告や検索キーワードと無関係のリンク)のみで構成されているサイトのことであり、クリックさせることだけを目的としたサイトのこと。

 

元の文にある「金利差」とはつまりPPCアフィリに例えると、
広告費が1クリック3円かかるとすれば1クリック5円稼げる
アドセンス広告との、広告費と広告収入の差額のことです。

つまりクリックさせればさせればさせるほど
儲かる仕組みとなっています。

 
これは完全に「裁定取引」となっています。
広告費の許す限り薄利ですが利益が膨らんでいきます。

これがヤフープロモーションのいうアービトラージサイトです。

 

アービトラージサイトと言えども
許されるサイトはあるのか?

 
禁止になったとはいえ今までその手法で
稼いでいたアフィリエイターからすれば死活問題です。
なんとか抜け道を探そうと
必死になるはずです。
今もあるか分かりませんが
だいぶ前にWOWOWのトレンドキーワードで流行った
「錦織圭」をヤフーで検索してみてください。

 

広告が出てきたとすれば
そのほとんどがアービトラージサイトなはずです。

てきとうにどれかクリックしてみてください。
何か気づく事はありませんか?
検索ユーザーのキーワードと全く関係ない
中身では無いですよね。
大量のアドセンス広告や錦織選手と関係ない広告リンクも
入っていますが、錦織選手について解説した記事が入っているはずです。

 

そうです。
1円PPCアフィリといわれている手法は
ここに抜け道を見つけ出しました。

確かに検索キーワードと関係の無いコンテンツも入っているが
キーワードと関係のある文章もそれなりに入っている。

 

もしかしたらこの広告は検索ユーザーにとって
少しは有益なものになるのかも知れません。

 

検索ユーザーにとって「無益な」アービトラージサイトを
禁止しているヤフーさんはこれにどう対処するのでしょうか。
さらには1カラムのペラサイトでなく
スポーツ選手に特化した2カラム以上の記事数のある
アービトラージサイトだったらどうでしょうか。

 

もちろん1円PPCアフィリという手法が
やりづらくなったのは事実ですがこうしてまだ広告が出ています。

これらの広告が目視に引っかかっていないだけのラッキーな
広告なのか審査員の判断でOKされた広告なのかは分かりません。

 
しかしこのようにして1円PPCアフィリが
進化していることは事実です。

 

すぐにまた、ヤフーさんが禁止といえないような
1円PPCアフィリの手法というのが出回りそうです。

 - 未分類