PPCアフィリエイトで起業するためのサイト

最短で資金を爆発的に増やし、集客を学び、果てはリスティング代行にコンサルティング。そう、PPCアフィリエイトはネットビジネスの登竜門。

PPCアフィリエイトで赤字になる人へ!

      2015/12/10

pppc16

売り上げがある程度上がるようになり
PPCアフィリが分かるようになったはいいが

広告費が売り上げを
上回ってしまうという事があります。

情報商材から始めた僕にとっては
なんとも分かりづらい現象ですが
赤字で悩む方はたくさんいます。

今までにコンサルさせて頂いた方にも
赤字を立て直したいという事で
申し込みをされた方もいました。

赤字の原因は物販と情報商材とでは
少し異なってきます。

情報商材の場合は単純に、
無駄キーワードが多すぎることが原因です。

ですので無駄キーワードを減らせば
情報商材で赤字になる事はありません。

まんべんなくそれぞれの商材が
クリックされたとしても
報酬単価の高さで補ってくれます。

では物販の場合はどうでしょう。

最近ではクリック単価も
情報商材並みに高いです。

1000円くらいの報酬案件
にも関わらず1クリック120円以上
する商品名キーワードもあります。

確かにそいうった案件は
売れているからこそキーワード入札単価が高騰するのですが
それらを扱えば利益が出るわけではありません。

そういった商品は先行者利益とでも
いうのでしょうか

そのキーワードの品質インデックスを
10に保てている人が扱っています。

後から参入したところで
品質インデックスを上げるにはやはり
赤字覚悟でクリック率を上げていく必要があります。

言ってみれば、
その案件はあなたの戦える土俵には無いのです。

ですから報酬単価にもよるのですが
1クリック30~70円で入札できるような
案件を集中して売っていきましょう。

物販で赤字になる原因は他にもあります。
それは出稿した案件への愛着です。

本来、PPCアフィリエイトは
売れれば残し売れなければ切る、の繰り返しです。

特に広告を出し始めの頃はそうですが
案件の1つ1つが売れそうに見えます。

1つの案件に対して「売れろ売れろ!」と
願ってしまいますがそれではだめです。

そこに感情は要りません。

株やFXの損切りと同じです。
もう少し待ってみようか、せっかくここまで待ったんだし、、
こんな考えが命取りです。

そこはPPCアフィリも同じです。
1円でも報酬単価を超える広告費がかかりそうになったら
迷わず広告をOFFにするか削除してください。

僕の場合は、広告費が報酬単価の
3分2を超えそうになった時点で
迷わずそうしています。

例えば1000円の報酬であれば
600円ぐらい広告費がかかったところで切ります。

最初は赤字になったとしても
この作業を1ヶ月ぐらい繰り返していると
いつの間にか黒字になっています。

 - 未分類